プログラミング基礎知識

【プログラミング副業】集客するために作成したwebサービスからSNSで自動配信する実装方法まとめ!(twitter編)

【プログラミング副業】作成したwebサービスからSNSで自動配信する実装方法まとめ!

実際にwebアプリやモバイルアプリをリリースした後は、利用ユーザーに増えてもらう必要があります!
ただ、なかなか最初の頃はSEOの成果が出ず訪問数が少なかったり、アプリであればレビュー数が少なかったりでなかなかユーザーが増えにくいかと思います。

そんな中、ただ待っているだけではなく集客するためにできることがSNSマーケティング・集客です!

今の時代、企業もSNSマーケティングに力を入れているくらい、効果のある手法となります!
そのため、その世の中には定額で定期投稿できるサービスが増えてきています!

ただ月額でそこそこするのと、安いプランだとカスタマイズ性も低いです。

そこで、自分の手で無料で作成・カスタマイズできれば、メリットしかありませんよね?
ということで、今回は自分でSNSの定期投稿機能を作成する方法をまとめます!

利用する言語

私がリリースしているwebアプリはruby on railsですので、今回はruby on railsを用いて、SNS投稿する方法についてまとめていきます!

参考サイト集

最低限のTwitter bot をRubyで実装してみた
→非常にシンプルな実装内容となっているので、基本的な実装内容を網羅するのには非常にわかりやすい内容です!

これを読んで、作って基礎を構築してから続きを作成していくと良いかもしれません!

【Rails】Twitterでサンタコスbotを作る
→これも基礎がわかりやすいのでおすすめです!
定期実行部分はこちらが非常に丁寧に書かれていますので参考になります!
最後にはお気に入りのコードも出てきますので、用途に合わせて実施してみてはいかがでしょうか??

RubyでTwitter Botをつくる
少し古い記事なので、コマンド等は少し注意が必要ですが、基本的にできることなどわかりやすいです!

Wheneverは導入が超簡単なcrontab管理ライブラリGemです![Rails 4.2 x Ruby 2.3]
Wheneverの参考記事1