WEBアプリケーション

【プログラミング副業】webアプリでアクセス・収益増加に繋がる「404ページ」の作成方法まとめ

【プログラミング副業】webアプリでアクセス・収益増加に繋がる「404ページ」の作成方法まとめ

ページが見つからない際などに表示される画面が「404ページ」です!
そのような場合、システムのデフォルトのUIでは質素であり、通常ユーザーの場合はいきなりそのような画面が出てくるとこのwebサービスは怪しいのではないか?あまりしっかりしていないのではないか?という印象をもたれてしまいます!

また、404ページを準備しておくことはSEOにも有用だと考えられています!

つまり、大小はあるものの404ページを準備することはSEO改善によるアクセス数増加、並びにユーザー体験の向上による収益増加に影響を及ぼすのです!

そこで、今回はそんな重要な404ページをどのように作成すれば効果的なのかまとめています!

メッセージの内容を決める

Googleの標準搭載のエラ〜メッセージでは「Not Found・・・」とだけ出てきます

そこで、まずはこのエラーを通知する文言を決めましょう!
例としてよくあるパターンは以下になります。みなさんのサイトにある文言にアレンジしたりしてみて下さい!

・あなたがアクセスしようしたページは削除されたかURLが変更されています。
・404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした
・お探しのページが見つかりません。
・お手数ですが、トップまたは以下のリンクよりお探し下さい。

エラー画面のプログラミング

私はrailsで開発していますので、今回はrailsの参考サイトをいくつか掲載いたします!

[RAILS]404/500などのエラーページって結局どうすればいいの?

Rails のローカル環境で 404 ページを確認する

他の言語を学習されている場合は「〇〇 404ページ 実装」などで容易に出てきますので検索してみて下さい!